アカウント型生命保険とは?

生命保険には様々なものがあります。
その中で、今回はアカウント型生命保険について見ていきましょう。
アカウント型生命保険は「自由設計型生命保険」とも呼ばれています。
これは、定期保険特約終身保険のポスト商品として大手の生命保険会社から販売されています。
この生命保険の内容は、積立部分を主契約として定期保険や医療保険といったさまざまな保険を特約につけることが出来る、総合保障タイプの生命保険です。

定期付終身保険の終身保険が積立てになったものと捉えるとイメージがわきやすいでしょう。
このアカウント型生命保険ですが、つまり、支払った保険料は一度、すべてのアカウント部分に積み立てられて、そこから特約などの保険料を支払うというものです。
この保険のメリットは、収入に余裕があるときは、多めに保険料を支払って積み立てを多くすることができ、余裕がないときは保険料を少なめにすることが出来る点です。

また、まとまったお金が入ったときに、一時投入することも可能です。
保証の見直しもできますので、保険設計の自由度が高いというのが、アカウント型生命保険です。
また、保険とはいえ実質的には単なる積立とすることができますので、積立金を途中で一部引き出すことも可能です。
定期付終身保険との違いは、積立金の出し入れが自由なところです。
また、保険料を任意に設定することができ、保険に加入していながらお金を積み立てることができます。

今回は、生命保険について見ていきましょう。